薄毛関連コラム

増毛と植毛のそれぞれのメリット・デメリット


薄毛への治療法として自毛植毛と増毛があり、それぞれの治療に一長一短があります。


自毛植毛の長所に自分自身の髪の毛を用いることが挙げられます。この治療は髪の毛が多いところから少ないところに移植する治療であり、自分の髪の毛によってボリュームを回復できるという良さがあるのです。植毛をした後は普通の髪の毛として成長しますし、植毛したドナーは抜け難い傾向がありますので再度薄毛になるリスクは低くなります。


自分の髪の毛ゆえに拒絶反応の心配がないのも長所です。自分の頭皮から採取したドナーですのでこれ以上ないくらいに安全性が高く、定着する可能性が非常に高いとされています。その為、成功率が高い治療法であり薄毛対策として推奨されています。


短所としてはそもそもの自毛がないと治療ができないことです。植える毛髪がなければ根本的にできない治療法ですので、量によっては難しい可能性があります。


増毛の長所としてはいくらでも増やすことが可能なことでしょう。自毛植毛のように自分の髪の毛が必要という訳ではなく、人工的な毛髪を使って施術をしますので、希望するだけ増やすことができます。頭皮を傷付けることがないのも長所と言えます。自毛植毛の場合はメスを使って皮膚を切除したり、あるいは毛根をえぐるような形でドナーを採取します。その為、傷になって残ってしまったりある程度のダウンタイムも必要です。


その点、増毛の場合ですと自毛に人工毛髪を装着したり、人工毛髪が植えられている特殊なシートを装着するといった施術になりますので、頭皮への負担を小さくすることができるのです。


増毛の短所は必ず取れてしまうことです。人工的な毛髪を装着しているだけですのでいずれは取れてしまいます。取れてしまった場合は再度施術を受ける必要がありますし、手間も費用も掛かってしまいます。


他にも人工毛髪ゆえに不安を感じ続けてしまう短所もあります。本物に近い見た目ではあるものの根本は偽物ですので、人にバレてしまうといった心配を抱え続けることにもなり兼ねません。


関連ページ

薄毛と食生活は関係あり?食事とサプリについて
頭皮の血行不良は抜け毛・薄毛に悪影響を及ぼす?
つむじハゲの原因と対策について



>>神戸の薄毛治療で信頼できるAGAクリニックはどこですか?

神戸のAGAクリニック一覧

 

薄毛治療の知識

 

薄毛関連コラム