薄毛関連コラム

「筋トレすると薄毛になる」はただの都市伝説?


薄毛になる場合には、抜け毛が増えてしまうことにより、髪の毛のボリュームがなくなってしまうことにより、進行してしまいます。抜け毛増加には、さまざまな原因があります。ストレス、運動不足による血行不良、不規則な生活によるホルモンバランスの乱れも抜け毛増加につながるといわれています。


また、筋肉トレーニングをした場合には、薄毛になるといううわさもあります。筋肉トレーニングが直接抜け毛に作用するわけではありませんが、薄毛になる原因の一つにホルモンバランスの乱れがあります。男性ホルモンが過剰に分泌されることにより、皮脂の分泌が増えてしまうことで、毛穴を詰まらせる原因になるため、抜け毛が増えると考えられています。


そのため、筋肉トレーニングをすると、男性ホルモンの影響を受けAGAなどにより薄毛の進行をする可能性もゼロではありません。筋力トレーニングをして、薄毛になるならば、運動選手などスポーツをしている人の大半が薄毛にならなければなりませんので、必ずしも、筋力トレーニングが原因とは限りません。


また、筋力トレーニングをすることで、筋肉を鍛えるため、回復に体内でたんぱく質を消費することになります。たんぱく質が不足してしまうと、髪の毛を作るために必要なたんぱく質が少なくなり、栄養不足になってしまう場合には、それも薄毛になる原因になる可能性もあります。


適度な運動をして、筋力をつけることは健康的な生活につながります。また、たんぱく質が不足しないように、栄養バランスの取れた食事を心がけることで、髪の毛に対しての栄養不足も補うことはできるでしょう。
人それぞれ体質が違い、生活環境によっても状況が変わり、薄毛になる原因も人それぞれです。


逆にそのようなことで悩んでしまったり、考え込んでしまうと、ストレスが溜まる原因になるので、これが抜け毛増加につながることもあります。あまり考え込まずに規則正しい生活習慣を心がけ、健康を意識して日々生活することが自身の体や髪の毛にとってもいい影響を与えるでしょう。



>>神戸の薄毛治療で信頼できるAGAクリニックはどこですか?

神戸のAGAクリニック一覧

 

薄毛治療の知識

 

薄毛関連コラム