薄毛関連コラム

薄毛とお酒・たばこには相関関係はあるの?


いつも飲み過ぎてしまうという生活習慣は髪の毛の発育に必要となるアミノ酸を過度に消費することになったり、成長ホルモンの分泌を阻害してしまうことになります。またアルコールを分解する際に生成されるアセトアルデヒドはそのまま体内に残ってしまうとむしろ薄毛を促してしまう物質なのです。


具体的にはジヒドロテストステロンという物質が増えて薄毛を進行させてしまうのです。髪の毛の成長は夜間に成長ホルモンが分泌されることによって促進されるのですが、飲み過ぎると睡眠の質が低下してしまい、そのために成長ホルモンの分泌が悪くなってしまいます。そのため、髪の毛がうまく成長しない危険性が高まります。


次に喫煙についてですが、そもそも喫煙というのはニコチンを摂取することでもありますが、ニコチンは血管収縮作用があるために頭皮の血流を悪化させる可能性があります。


つまり喫煙を続けていると全身の毛細血管が収縮するので栄養が行き渡りにくくなるということなのです。そのため、髪の発育にも悪影響を与えます。さらに喫煙はビタミンCを破壊してしまいます。ビタミンCは健康を保つのに重要な栄養素であるばかりか、髪の毛と作る際も重要な働きをします。


このことから、喫煙は頭皮に悪影響を及ぼすばかりか、新たに髪の毛を作ろうとするのを妨害してしまうのです。もちろん薄毛の原因にはストレスも関係しているので必ずしも禁酒をしたり、禁煙をすれば絶対に治るというわけではありません。


お酒も飲みすぎなければアセトアルデヒドがしっかり分解されますし、喫煙も1本だけ吸ったとしてもそれがいきなり薄毛を急激に進行させてしまうということではありません。大事なのは飲酒も喫煙も楽しむ程度の量がちょうど良いということです。


また飲酒と喫煙が守られていたらそれで良いというわけではなく、さらにいかにストレスが溜まらない生活を心掛けていくかということが一番髪の毛に良いことなのではないでしょうか。



>>神戸の薄毛治療で信頼できるAGAクリニックはどこですか?

神戸のAGAクリニック一覧

 

薄毛治療の知識

 

薄毛関連コラム