薄毛関連コラム

肝臓の働きと抜け毛の量には何か関係があるの?


薄毛と肝臓は、共に相関性があり、肝臓が致命的な程に弱ると、抜け毛が増える事が分かっています。食事で得た栄養は、全身の臓器や細胞に対して、優先度の高い方から順に分配されます。


しかし、髪は比較的重要度が低いので、体内で消費される栄養が多いと、髪の毛が受取る割合は少なくなります。肝臓は、ダメージを受けると栄養の消費量が増えますし、結果的に頭皮に分け与え、髪が得る取り分は減ってしまいます。また、肝臓の働きは、栄養を蓄える貯蔵庫だったり、時には毒素を分解したり排出する役割を担います。


髪はタンパク質で構成されていますが、肝臓は合成する働きも持つので、臓器が弱れば当然薄毛は進行します。肝臓機能の低下は、薄毛の他にも体の疲れを感じる症状を含め、二日酔いが長引いたり、精神的に不安定になる事も知られています。つまり、肝臓が原因の薄毛は、他にも生活に影響がある症状が出ているので、生活の質が著しく低下する原因になります。


髪の毛が細く頻繁に抜けたり、髪がすけていると感じた時は、薄毛の進行や、肝臓の状態を調べる必要があります。薄毛の改善には、頭皮の表面だけではなく、体内を分析する事も、原因を特定する切っ掛けになります。


薄毛症状や体調の変化は、内臓が発するサインであったり、体に異常が生じている可能性を現します。肝臓由来の薄毛は、ストレスの蓄積や栄養不足、暴飲暴食と栄養のアンバランスでも発生するので、詳しく調べて対処する事がおすすめです。


一方では、病気を発症している事もあるので、症状が一向に改善せず、長引く時は医者に相談する事が重要になります。肝臓の特徴は、内臓自体が痛みを発したり、分かりやすい症状を起こさない点にあります。


全身に症状が現れる時は、既に病気が進行しているので、髪の変化を手がかりに、早く病気に気づいたり治療を開始する事が、症状を悪化させない為のポイントです。体の不調が重なり、髪にも変化を感じるのであれば、内臓の異常を調べてもらう事で、原因の特定と安心に結びつきます。


>>神戸の薄毛治療で信頼できるAGAクリニックはどこですか?

神戸のAGAクリニック一覧

 

薄毛治療の知識

 

薄毛関連コラム