薄毛関連コラム

妊娠・出産の時期の女性が薄毛になるケース


AGA治療で使われる代表的な薬にプロペシアが知られています。しかし、どの薬にも必ず副作用というものはあるものです。従来から知られているプロペシアは薄毛の進行をとめる効果が報告されています。最近、話題になっているのは妊娠中の女性に対する影響です。実際に妊娠されている女性や、出産前後の女性は薄毛になったりするのでしょうか。


男性への影響については、勃起不全や精子の減少などが報告されていますが、妊娠中の女性の影響に関しては薄毛になるという報告はあがっていません。しかし発育中の胎児の生殖器の正常な発育を妨げるという内容は報告されています。もともとプロペシアは男性の薄毛改善に効果を発揮する薬として知られていますので、女性に効果的なものではありません。


とくに妊娠中の女性の場合、皮膚からの薬剤の吸収も危険であるとされています。分割、粉砕されたプロペシアも同様に危険性が報告されていますので、接触からうける危険性も含めて注意が必要です。またプロペシアの有効成分であるフィナステリドは精液への移行は極めて少ないと言われていますので男性への影響は問題ないでしょう。


今、妊娠中の女性はAGA治療に対しては控えるべきではないでしょうか。お腹に抱える胎児への影響ははかりしれません。妊娠を希望されている女性の中でAGA治療を並行している方がおられましたら、お薬の服用はただちに中止することをおすすめします。治療効果の高い薬は、それだけ副作用も強いものです。胎児への影響としては、奇形児が生まれてくることが報告されています。また最近ではネットであげられているAGA治療の公式サイトでは、男性へのさまざまな効果をあげる反面、妊娠中の女性への服用をとくに禁忌としています。


このように女性へのリスクははかりしれません。大切なパートナーを守るためにもプロペシアを使用している男性も注意してほしいものです。服用だけでなく、皮膚からの成分の吸収も同様にリスクを伴っていることを理解するべきでしょう。


>>神戸の薄毛治療で信頼できるAGAクリニックはどこですか?

神戸のAGAクリニック一覧

 

薄毛治療の知識

 

薄毛関連コラム