薄毛関連コラム

頭皮トラブル(フケ・乾燥・かゆみ)と薄毛の関係


頭皮をめぐるトラブルは色々ありますが、特に多いのが頭皮の乾燥やかゆみ、そしてフケです。特にフケの存在がここでは大事になります。乾燥によるフケなのか、それとも脂っぽさから来るフケなのかで対処法が大きく変わりますし、こうしたものは薄毛と大いに関係があります。


乾燥が原因のフケの場合、頭皮の乾燥によって皮膚が剥がれ、それがかゆみやフケを引き起こします。皮脂は出すぎると環境悪化の要因となりますが、なさすぎてもいいことはありません。皮脂が少ない状態だと乾燥が進んでしまいます。その原因の1つはシャンプーで皮脂を洗い流しすぎたことにあります。シャンプーによっては清涼感を与えるために洗浄力の強い成分を加えているものがあります。こうしたものを使うと必要最低限の皮脂までも洗い流してしまい、結果として皮脂が不足する状態を招いてしまいます。


また、1日に何度もシャンプーで洗っていても同様に皮脂がどんどん流れてしまい、やはり不足する状態を招きます。反対にシャンプーをちゃんと洗い流さないままにしてしまうと、洗浄成分が髪の毛に付着したままとなり、やはりいい影響がありません。他にも、パーマやカラーリングで使われる成分が頭皮に悪影響を与える場合があります。そして、冬場など乾燥した時期は同じようにシャンプーしていても乾燥してしまうので、注意が必要です。


次に脂性のフケですが、頭皮にもともといる細菌であるマラセチア菌が皮脂や汗の増加で繁殖し、フケを発生させ、頭皮に炎症を起こしてしまいます。原因としては糖分や炭水化物のとりすぎや、マラセチア菌にあまり効果のないシャンプーの使用、洗髪のやり方が間違っていること、シャンプーした後自然乾燥させている、そして梅雨や夏のジメジメした時期などはこうしたものになりやすく、結果として頭皮にダメージを与え、抜け毛や薄毛の要因となります。


どちらの場合にもタイプに合わせたシャンプーを使うこと、そして季節に合わせて洗髪を見直すこと、生活習慣を安定させることがとても大事です。


関連ページ

女性のための薄毛対策!アロマオイルが有効?
頭皮の皮脂の量と薄毛の関係性について
冷え性や肩こりが薄毛の原因となることもある?


>>神戸の薄毛治療で信頼できるAGAクリニックはどこですか?

神戸のAGAクリニック一覧

 

薄毛治療の知識

 

薄毛関連コラム