薄毛関連コラム

季節ごとの薄毛対策と紫外線の頭皮への影響


髪の毛はとても大切なものですが、特に男性にとっては年を重ねると次第に抜け毛が気になってくるという人も多いです。抜け毛については様々な要因があると考えられており、ストレスや遺伝、ダイエットなど様々な事が挙げられます。そして、そのうちの一つとして季節によっても影響があります。


まず、春についてはストレスとアルコールの摂取について気をつける事が大切です。春は新生活を始める人が多い季節であり、全く新しい環境に対して一から人間関係を構築しなければならないなどといった不安が生じやすい季節でもあります。


ストレスは抜け毛の原因となりやすい、知らず知らずにストレスが溜まりやすいのです。ストレスを解消するためにも睡眠をしっかりと取るなどの対策をする事が大切です。また、新年会や花見などで飲む機会が多く、アルコールを摂取する機会も増えますが、アルコールは皮脂の分泌を増やすので飲酒はほどほどにするようにした方が良いです。


続いて夏についてはその暑さと紫外線の強さには注意が必要です。暑いと汗をかいたり皮脂が活発に分泌されたり頭皮には良くありませんし、帽子をかぶると蒸れやすくなってそれも抜け毛の原因となります。


暑さ対策の冷房についても注意が必要で、冷房が強すぎると部屋の中と外の温度差が激しくなって身体にも悪影響が出るので冷やし過ぎにも気をつけなくてはならないです。また、紫外線も頭皮にも悪影響があるので長時間日光を浴びないように気をつけた方が良いです。


次に秋ですが、この季節が最も抜け毛が多い季節と言われています。ある程度は自然に抜け毛が多い時期なので仕方のない季節ではあるのですが、夏の生活の影響がこの季節に現れてくるので、夏にどのように過ごすのかが秋の対策とも言えます。季節に関係なく大事な事ですが、対策としては頭皮環境を清潔にして睡眠をしっかりとし、食生活をしっかりと心がける事が特に大事な季節です。


最後に冬は乾燥と冷えが問題となります。頭皮は乾燥するのも良くないので保湿をしっかりと行い、冷えは血行を悪くして髪に十分な栄養が行かなくなるので冷えすぎには注意する事が大切です。


紫外線の頭皮への影響


紫外線がお肌に悪いことは誰でも知っているでしょう。夏場は紫外線の照射量が多くなるので、お肌が非常に荒れやすいです。日焼けした肌は乾燥しやすいですし、色白の方ほどよく目立つものです。


脱毛サロンも夏場は宣伝に消極的になることが多いですが、これは肌ダメージの発症率が高まるからです。紫外線量の多い夏場は、なるべく脱毛を避けたいと考えるのはプロも一緒です。


お肌に悪いものは、当然のように頭皮にも悪いです。頭皮には髪の毛が存在するため、お肌ほどの強いダメージは受けませんが、決してノーダメージではありません。帽子を着用しない方は、頭皮が荒れやすくなるので注意しましょう。外出時は帽子、日傘などで紫外線を直に浴びないようにしましょう。クルマの運転時も紫外線を受けやすいので帽子を着用するのがベストです。


紫外線を大量に浴びた頭皮は、乾燥状態を招いてしまいます。お肌が乾燥するとカサカサになってかゆみを発生させますし、就寝中に掻きむしる原因ともなります。朝起きたとき頭皮がヒリヒリしているようなら、無意識のうちに掻きむしっているのです。乾燥したお肌は非常に敏感でダメージを受けやすいため、抜け毛を増やしてしまいます。


薄毛の自覚症状として最も多いのは、抜け毛の増加なのです。急激に抜け毛が増えてきたら、すでに頭皮のダメージが飽和状態になっています。すぐに本格的な薄毛対策を始めないと、取り返しのつかないことになります。


頭皮はお肌と比べて紫外線を受けにくいですが、ある程度は吸収しています。洗髪をするときはダメージの弱いアミノ酸系のシャンプーを使用しましょう。天然由来の成分は頭皮に優しく、ダメージを与えないのが特徴です。


シャンプー後はコンディショナーを使用して、油分と水分を補給しましょう。コンディショナーの目的は、洗髪によって失われた油分と水分の補給なのです。油分が失われると、頭皮の水分も急激に蒸発して乾燥肌を招きます。薄毛に悩んでいる方は、乾燥肌にならないように意識しましょう。


関連ページ

冷え性や肩こりが薄毛の原因となることもある?
シャンプー選びは抜け毛対策の基本?
薄毛と食生活は関係あり?食事とサプリについて



>>神戸の薄毛治療で信頼できるAGAクリニックはどこですか?

神戸のAGAクリニック一覧

 

薄毛治療の知識

 

薄毛関連コラム