薄毛関連コラム

薄毛と食生活は関係あり?食事とサプリについて


食生活が乱れてくると、髪が薄くなるという話は本当です。そもそも髪の毛の原料は、食べ物から摂取するタンパク質なのです。


ダイエットをするときは、タンパク質を減らしてはいけないと聞いたことがあるでしょう。タンパク質は肌や髪の毛を作る成分なので、食事制限をしても過度に減らしてはいけないのです。


タンパク質以外にもビタミン・ミネラルといった必須栄養素も欠乏しやすいため、無理なダイエットは行わないようにしましょう。


バランスのよい食生活は髪にもよいですが、バランスを維持するのが難しい方もいるでしょう。仕事が不規則だと、生活スタイルも乱れてきます。昼夜逆転の生活を送っている方もいるため、自分の工夫だけで解決できる問題でもありません。


そこで、食生活で不足する栄養素は、サプリで補うことも考えましょう。育毛サプリは薄毛予防に役立つので、両親が薄毛の方は今から飲んでおくのがよいです。


薄毛の怖いところは、加速度的に進行するようになる場合があることです。今までは人並み程度の毛量を維持していたのに、急に排水口が真っ黒になるほどの抜け毛が始まるケースもあります。不規則な生活を続けており、頭皮に蓄積されたダメージが溢れ出したためでしょう。


サプリを利用して栄養を補うならば、ビタミンとミネラルは基本サプリとして摂取しておきましょう。その上で欠乏している栄養を補っていく必要がありますが、具体的にどの栄養が不足しているか特定するのは難しいです。育毛サプリ、プロテイン飲料などを中心に摂取していくといいでしょう。


サプリで栄養を補う場合、サプリに依存する考えは持たないようにしてください。健康補助食品という位置づけにあるように、食生活で欠乏する栄養をカバーするのが役割です。


食生活のバランス維持が基本なので、サプリを飲めばOKという発想はいけません。薄毛によい具体的な成分としては、亜鉛、イソフラボン、ノコギリヤシなどがあります。これらの成分を複合的に配合した育毛サプリをおすすめします。


プロテインを飲むと薄毛に?


プロテインを飲むとハゲるとか抜け毛が凄いとかいった話がにわかに出てきていますが、筋力トレーニングしている場合によくつかわれるプロテインの栄養素を見てみましょう。プロテインを飲んで薄毛になったり抜け毛が激しくなったり、禿げる原因になるのでしょうか。プロテインとは、サプリメントとして加工しています。しかしその正体はただのたんぱく質です。


要するに、肉類や魚類、たまごや大豆を食べていることと本質的には変わりはありません。ビタミンやカルシウムなどが添加されているものもたくさんありますが、そのほかに決して怪しい物質が入っているわけではありません。ですから、プロテインを飲むとハゲるとか抜け毛が凄いといった話は、たんぱく質やビタミンを含むほかのサプリメントや食品でも同じようにハゲるということと同じことです。


ゆえに、プロテインを飲むとハゲる、筋トレするとハゲる、といった話はあり得ないと断言できます。プロテインを飲んでそういった副作用が出ることはあり得ません。そのような話が出てきたのは、筋肉増強剤(アナボリックステロイド)が脱毛や薄毛の副作用を持っていることからそういった話が出てきたと考えられます。


しかし、プロテインとアナボリックステロイド剤は、まったく違う物質です。一般的に筋トレをしない方は同じ筋肉を強くする目的で使われるイメージを持っていることから、そういった話が出てきたのではないかと考えられます。


人間の髪の毛は、筋肉や内臓と同じようにタンパク質からできています。


ですから、逆にいえばプロテインを飲むということは薄毛や脱毛の防止になるサプリメントになりえるとも言えます。プロテインを飲んで薄毛や脱毛が治るということはありませんが、たんぱく質が欠乏することによる脱毛には一役買うのではないでしょうか。


しかし、プロテインを飲む人によって注意することもあります。たんぱく質アレルギーを持っている人は食品と同じようにプロテインにもアレルギー反応が出て肌荒れを起こすことがありますので、しっかりと自分の体調を知った上で使用することをお勧めいたします。


関連ページ

シャンプー選びは抜け毛対策の基本?
頭皮の血行不良は抜け毛・薄毛に悪影響を及ぼす?
つむじハゲの原因と対策について



>>神戸の薄毛治療で信頼できるAGAクリニックはどこですか?

神戸のAGAクリニック一覧

 

薄毛治療の知識

 

薄毛関連コラム