薄毛治療の知識

ミノキシジルは副作用が気になる?飲んではダメな人もいる?


薄毛の原因としてはAGAと呼ばれるものがあり、厚生労働省が認可しているAGA治療薬としてはプロペシアとミノキシジルがあります。ミノキシジルの効果としては、血行を促進させる作用があることから、ミノキシジルの成分が含まれている育毛剤を塗布することによって、血管を広げることが可能となり、頭皮に必要な栄養素を届けやすくなります。薄毛になる要素としては、血行不良であることや、それによって毛母細胞が衰えるという点があります。


ミノキシジルを塗布する作用によって、血行を促進させることで細胞を活性化できると考えられることから、AGA治療薬に効果があると言われています。専門的にAGA治療を受けることができるクリニックでは、プロペシアと同様にミノキシジルに関しても処方を受けることが可能です。薄毛の治療に関しては保険外の診療となることから、自己負担によって治療を受けることになります。フィナステリドが含まれているAGA治療薬であるプロペシアに関しては、女性が使用することができない医薬品となりますが、ミノキシジルについても副作用が懸念される人がいますので、処方を受けるときに医者から十分に説明を受けておく必要があります。


ミノキシジルの服用ができない人の条件としては、心臓病を患っている人や高血圧の持病がある人、高血圧の治療薬を服用している人、未成年者などとなっています。ミノキシジルが配合されている育毛剤を使用したときに、副作用が発症する可能性もありますが、その際に最も多い症状としては頭皮のかゆみを挙げることができます。頭皮のかゆみの他には、フケが多く出てしまうなどの皮膚トラブルが現れることがあり、5%配合されている育毛剤を使用したときには、全体の9%程度の人に副作用が現れるというデータがあります。ミノキシジルが含まれている配合率によっても、副作用が発症する確率が変わってくると考えられており、配合率が高いものを使用する際には注意しておく必要があります。


関連ページ

かなり進行したAGA症状には自毛植毛という方法も
育毛剤か?AGA治療か?どっちを選べば良いのか?
プロペシアのジェネリック医薬品とコピー品について



>>神戸の薄毛治療で信頼できるAGAクリニックはどこですか?

神戸のAGAクリニック一覧

 

薄毛治療の知識

 

薄毛関連コラム