薄毛治療の知識

男性の薄毛治療の定番?!フィナステリド配合のプロペシア


男性の薄毛治療でよく活用されているのがプロぺシアと呼ばれる薬です。プロペシアはAGA治療の時に利用され、高い改善効果があると見られています。効果の仕組みは配合成分であるフィナステリドによる脱毛物質の抑制です。


AGAは特定の脱毛物質が増えることで毛周期が乱れ薄毛になってしまう症状であり、問題の物質はDHTと呼ばれています。DHTは男性ホルモンと還元酵素が結合することで誕生しますが、両者が結合してDHTに変換されることで強力な脱毛物質へと生まれ変わってしまうのです。


ところがフィナステリドを配合しているプロペシアを服用することで増加を防止することができるのですが、その理由はフィナステリドに還元酵素を抑制する働きがあるからです。還元酵素が分泌され難くなることで男性ホルモンと結合し難くなりますので、それによってDHTを増加させずに済みます。DHTの作用がなくなることで毛周期も正常になり、発毛し易い頭皮環境を取り戻すことができます。


高い効果がありAGA治療の時にも活用されるプロペシアですが、しかし副作用があることを理解しておくことが大事です。


主な副作用として男性機能に影響するものがあり、精力の減退、精子の減少、勃起不全などが挙げられます。なお男性機能に影響する為に妊娠を希望する時には使用を控えるようにした方が良いとされています。副作用として肝機能障害が起こる可能性もあります。肝臓は代謝の役割を担っている重要な内臓器官ですが、この器官に影響することで健康を害されてしまう恐れがあると言われているのです。


ただ男性機能の低下も肝機能障害も発現率としてはそれほど高くないとされていますので、確率論で言えばそこまで心配をする必要はないと言われています。しかし発生する可能性はゼロではない為、使用する際には医師に相談をしてみることが大事です。


なおこうした副作用は後遺症として残る恐れもあると言われていますので、後遺症に関してのリスクも度外視できません。


関連ページ

ジヒドロテストステロンと5αリダクターゼとAGAの関係性
AGA遺伝子検査とは?受けるメリットは?
AGA治療薬の効果は?気になる副作用についても



>>神戸の薄毛治療で信頼できるAGAクリニックはどこですか?

神戸のAGAクリニック一覧

 

薄毛治療の知識

 

薄毛関連コラム