薄毛治療の知識

かなり進行したAGA症状には自毛植毛という方法も


AGAは男性ホルモンが原因となっている薄毛の事で、額や頭頂部などが薄くなっていくものです。治療薬やサプリメントを利用する事によって改善する事は可能ですが、進行してしまうとなかなか元の状態には戻しにくいので出来るだけ早くに対処する事が重要です。


では、進行してしまったAGAの為にはどのようなAGA治療を施せば良いのでしょうか。


進行してしまった場合は、医薬品などを利用するよりも植毛する方がより効果が期待出来ます。植毛には2種類あり、一つは人工毛を移植する方法です。ただこの場合は何本でも移植する事は出来ますが、人工毛の為に体は異物と判断してしまい、結果的に再移植が必要となるので注意しましょう。出来るだけしっかりと移植した髪の毛を定着させたいと思ったら、自毛植毛を行うのが最も効果的です。


自毛植毛とは自分の髪の毛を移植する方法で、元々自分の頭皮にあった物なので比較的拒絶反応なども起こりにくい方法となっています。また何より定着率が高く、さらに移植後の毛は抜け落ちにくいというメリットもあります。


頭皮は確かに1枚の皮膚ですが、男性ホルモンの影響を受けやすい部位は額や頭頂部で、後頭部は薄毛になりにくいと言う特徴があるのをご存知ですか。自毛植毛ではこの頭頂部の毛を利用します。


また移植された毛は移植前にあった環境での特徴を引き継ぐので、後頭部の毛は頭頂部に移植されたとしても後頭部の毛と同じ様に成長していきます。だから男性ホルモンの影響は相変わらず受けにい特徴が残るので、結果的にAGAを改善する効果が期待できるのです。


進行してしまった場合は既に移植できる毛が少ないと言う問題点はありますが、定着率と言う点から考えると自毛植毛はとても効果が期待できる方法と言えます。また医薬品を利用する場合の様に効果が出るまで時間が掛かってしまうと言う事もなく、手術を行えばすぐに髪の毛を増やす事が出来ると言う点も魅力的な点だと言って良いでしょう。


関連ページ

薄毛治療前に確認したい「ヘアサイクル」の話
育毛剤か?AGA治療か?どっちを選べば良いのか?
HARG療法(ハーグ療法)という薄毛治療方法



>>神戸の薄毛治療で信頼できるAGAクリニックはどこですか?

神戸のAGAクリニック一覧

 

薄毛治療の知識

 

薄毛関連コラム