薄毛治療の知識

AGA治療薬の効果は?気になる副作用についても


AGA治療薬はアメリカのFDAや日本の厚生労働省が認可したもので、大きく2種類が存在します。


ひとつはプロペシアと呼ばれる飲み薬で、一般の病院による診察および、専門のクリニックで処方されています。有効成分をフィナステリドとして前立腺肥大症の治療薬で開発されたものですが、薄毛の患者に使用していたところ、毛髪が生えてきたという副作用が起こったことからAGA治療薬に変更された経緯を持ちます。


AGAの原因となるDHTは男性ホルモンのテストステロンと、毛乳頭細胞に存在する5αリダクターゼと呼ばれる酵素が結びつくことで生成されますが、フィナステリドはこの中の5αリダクターゼを阻害する作用によってAGAの進行を抑制できるという治療薬になります。ただし、DHTが原因とはならず、血行障害によって毛髪が成長せずに抜け落ちる症状の人にはあまり効果がありません。


併用禁忌薬や軽度の副作用といったものはありませんが、性欲減退、うつ症状、無精子症といった後遺症にもなる副作用があるので、使用には注意する必要があります。


もうひとつの治療薬はロゲイン、またはその中に配合されたミノキシジルと呼ばれる成分で、元々は高血圧症の治療薬として開発されましたが、体毛が濃くなる副作用からAGA治療薬に転用された成分です。飲み薬と頭皮に直接塗る塗り薬が存在し、日本では塗り薬のみが認可されています。血管を拡張することから、頭皮の毛細血管までの血流を良くし、栄養を送ることで発毛が期待できると言われていますが、実際の作用機序ははっきりしておらず、ただ臨床試験において、発毛の効果が実感できたことから利用されています。


AGAの原因がDHTや血行障害に関わらず、誰もが発毛を実感できることから、全ての薄毛おいて利用が可能です。不明な部分が多く副作用も実に様々で、塗り薬として使用すれば頭皮のかぶれや痒み、炎症が起こり、飲み薬として服用すれば全身の痒み、動機、めまい、倦怠感、性欲減退などが起こります。


関連ページ

AGA遺伝子検査とは?受けるメリットは?
薄毛治療を始めてどのくらいの期間で効果が出てくるの?
薄毛治療の種類と費用の相場価格


>>神戸の薄毛治療で信頼できるAGAクリニックはどこですか?

神戸のAGAクリニック一覧

 

薄毛治療の知識

 

薄毛関連コラム