薄毛治療の知識

ジヒドロテストステロンと5αリダクターゼとAGAの関係性


薄毛治療において、ジヒドロテストステロン、5αリダクターゼとAGAとの関係は避けて通れません。どんな治療でも、ただ漫然と言われるがままに受けるのと、この治療はここに効果があるのだと理解して受けるのとでは、そもそも本気度からして違っているはずで、それは間違いなく効果にも現れるものだからです。


さて、AGAは、まず男性ホルモンであるテストステロンから話が始まります。テストステロンは主に精巣で作られる男性ホルモンです。ちなみに、男性ホルモンと呼ばれてはいますが、女性であっても全く作られないわけではなく、卵巣や副腎で作られています。ただ、一般的には男性の1/10以下の量でしかありません。なぜ女性の話をしたかというと、AGAが男性に多く女性に少ない理由がここにあるからです。


このテストステロンは血液中に分泌され全身をめぐります。実はテストステロンには直接脱毛を起こす作用などありません。皮膚に、つまりもちろん頭皮にも存在する5αリダクターゼという酵素が次に関係しています。この酵素がテストステロンに働き、ジヒドロテストステロンという物質に変化させるのです。


では、これが脱毛の直接の原因か、と思われるかもしれませんが、確かにテストステロンよりは原因に近いですが、まだ直接の原因ではありません。ジヒドロテストステロンが毛乳頭細胞の表面にあるアンドロゲンレセプターに結合することにより、髪に有害な物質が細胞から分泌されてしまうのです。ここまで来てやっと脱毛に至る、というわけです。


つまり、5αリダクターゼという酵素がテストステロンに作用してジヒドロテストステロンに変化させる。このジヒドロテストステロンが毛乳頭細胞のレセプターに結合することにより、髪を抜けさせる物質が分泌され、脱毛を起こす。というのがこれらの関係ということになります。


薄毛治療の多くは、この複雑な流れのどこかをストップさせることで、最終的に脱毛を起こさせないようにするものです。


関連ページ

プロペシアのジェネリック医薬品とコピー品について
男性の薄毛治療の定番?!フィナステリド配合のプロペシア
AGA遺伝子検査とは?受けるメリットは?


>>神戸の薄毛治療で信頼できるAGAクリニックはどこですか?

神戸のAGAクリニック一覧

 

薄毛治療の知識

 

薄毛関連コラム